「RasterAffine」は、ラスタ地図の元の座標系・座標値を設定し新たな座標系を指定するだけで、自動的にアフィン変換画像が生成されます。(新旧測地変換対応、ワールドファイル読み書き対応)。
ラスター地図の座標系・新旧測地系を変更したい場合大きいサイズのラスター地図を手ごろなサイズに変更したい場合数値地図ラスターをタイル上に結合するために、図枠外を消去してアフィン変換・・・など、GISデータ作成・GISシステムへのラスター地図の扱いを強力にサポートいたします。

読込み対応フォーマット

・TIFFフォーマット(各種圧縮ファイル対応)
・JPEGフォーマット
・BMPフォーマット
・GIFフォーマット
・国土地理院 数値地図ラスター
※ワールドファイルがあれば座標値は自動的設定されます。

出力フォーマット

・TIFFフォーマット
・JPEGフォーマット
※ワールドファイルが自動生成されます。

主な機能など

・4隅の座標を指定して変換
・新旧測地系対応(日本測地/世界測地)
・対応する座標系(緯度経度座標、UTM座標、平面直角19系座標)
・出力画像を伸縮する機能(拡大、縮小)
・出力画像の縦横比を補正する機能
・出力画像の輝度を変更する機能
・図枠範囲外を消去する機能
・4隅を直角補正する機能(正規化座標変換)
・ファイルサイズの大きい画像ファイルも読込み可能

動作環境

CPU:Pentium4 2GHz以上推奨
メモリ:512MB以上推奨
ハードディスク:100MB使用
モニタ解像度:1024×768以上(True color又はFull colorモード)
OS:Windows XP、Vista、7、8、Windows Server 2003
※Microsoft.Net Framework 2.0上で動作

他製品ラインナップ