河川標準インタフェースGISエンジン
WEBGISWAY(ウェブジスウェイ)は、平成17年度から試験的に行われている国土交通省河川局における「河川GIS・河川アプリケーション標準インターフェイス」(略称:I/F)に対応しております。
今後、官庁様/コンサル様でご判断が問われます、「建設部/事務所で既に構築済みのGISシステムの載せ変え」や、「新規のWEBGIS業務発注の際」に、本仕様に準拠したGISエンジンの選定が必要不可欠となります。
弊社では、豊富な業務実績を活かして、これらの皆様の諸問題を敏速にサポートいたします。
海外製のGISエンジンでは不可能な敏速な対応や、使用するGISシステムのクライアントのライセンスについて、しばしば悩む必要は不要です。
弊社の「WEBGISWAY」が解決いたします。[WMS準拠]

国土交通省 河川局の取り組み

国土交通省河川局では、効率的かつ効果的なデータ情報の相互流通を実現させる方策として、河川に関するGIS等アプリケーションプログラムをインターネット/イントラネット環境で相互利用する為の標準インターフェースを定め分散ネットワーク環境下での様々なデータや機能を相互に有効活用するための仕組み作りを進めており、その標準インターフェースを「河川GIS・河川アプリケーション標準インターフェースガイドライン第1.0版(案)」として公表いたしました。

他製品ラインナップ